ブログをやめたければ,やめればいいじゃん.

ブログはもう終わりだ」(via: [N]ネタフル)より.

もともとブログは日記を書くものではなく(書いてもよいが,メインにならないようにすればよかった),Web上で見つけたページをログとして残すのがもともとのブログのあり方ではある.ただ,それは後付けのようなものだから,今では日記を書いてもよくなったしね.

ただ,誰でも何でも飽きてしまうポイントがどこかにあるので,それは仕方がないことではある.ブログにしても同じことが言えるが,問題はその止め時/閉鎖時にどうふるまえばよいか,という点にあるのではないか,と思うのだ.そんなときに使える必殺フレーズ例を紹介しよう.

  • ブログの更新をやめます(閉鎖します).
  • 今までのペースでは更新できなくなってきたので,更新ペースを落とします.
  • 1月ほど休みをください.

のいずれか,自分におかれた状況によって文面は変わる.以上.

ブロガーは空き時間を利用して更新していることは周知の事実であるし,見るほうも空き時間を利用して見たり,あるいは仕事中に検索をかけたら引っかかって見る,程度のことだろう? なぜそんなにムキになってまで更新するわけ? 更新するのが嫌になったらやめればいいじゃん.悩むだけ時間の無駄だし.

とどのつまり,日本人にとって日記とは「毎日書かねばならないもの」という(脅迫)概念があるのだろうと思ったが,どうよ?>All

Ads.