28歳になった

だからといって,誕生日がらみで書くこともないが,今考えていることを書いてみる.

ここのところ,表現活動を通じて考えているのは「意外と見られていることが感じられない」ことだ.そもそも人付き合いがそんなに多くはないが,それでいながら見られているという実感がわかないことだ.基本一人行動が多いので表現活動も一人でやってしまうが,人前に出るときも基本一人でやってしまう.同人活動も一人だし,売り子もワシ一人でやっていたりする.それで一部を除けば困ったりしないので問題はないように見えるが,気づけば誰も見てない中で何かをやっているむなしさを感じることはある.それでも続けているのは,ある種の執念なのかもしれない.だが,別の言い方をすれば,言いたいことは言え,書けるということでもある.

27歳のときよりも手応えをどう得るか,表現活動の幅を確保できるか,1年になりそうである.

Ads.
スマホ・携帯サイトに最適の転送URL
djp.jp/*** というスマホ・携帯で入力しやすい転送URLを登録(一時停止中)
宇宙蟹工船
系外銀河からやって来た「彼ら」は、法と民主主義のもとに経済戦争を仕掛けてきた。いま、人類破綻の前ぶれが第三惑星を旅立つ。
こくぶんじのみずのみどり
三億円事件の年(昭和43年)の国分寺を再現しています。漢字では「国分寺の水飲み鳥」です。